【すぐ家に誘うって、どうなの?】女心を確かめようと、家に誘う男性心理と本音

スポンサーリンク

2回目のデートは休日にお昼から会えるとの連絡。

 

嬉しくて着ていく服を選んでいるところに1通のメールで、「もしよかったらランチした後、家に来ない?」って…

 

早くない?

 

ここまでストレートに誘われることは無くても、飲み終わった後に、家に誘われる経験ってあったりしませんか?

 

でも、まだ2回目のデートなのに…
これって遊びなのかな?と警戒してしまう女性も多いのではないでしょうか。

 

ここではすぐに家に誘ってくる男性心理や本音を探っていきましょう。

 

 

2回めのデート後すぐ家に誘ってくる男性心理って?

 

結論から言えば、知り合ってすぐに家に誘う男性は、【遊び人】or【完全な天然】男性のどちらかしかありません。

 

 

【すぐに家に誘う】遊び人の可能性あり

 

分かりやすい一つの理由が、面倒な手順を踏まずに早く遊びたいという気持ちしかありません。
男性側としても、嫌われることなんて全く気にしていません。
嫌なら別の女性を探すまでくらいの気持ちで誘っている恐れがあります。

 

ですので、出来る限り誘われた場合は理由をつけて回避しましょう。
もしその後、全く食事にも誘われることが無くなった場合は、彼は確信犯です。
遊び人であり、遊びの関係が目的だったことが分かります。

 

スポンサーリンク

 

【すぐに家に誘う】完全な天然→異性として見られていない

 

すぐに家に誘いながら、普通に読書したりご飯食べたりDVDを鑑賞するだけで終わるという男性もいます。

 

過去にそういう異性との時間があったからこそ、その状態が普通だと思っている可能性が高いです。
この場合、見極めるのが難しいです。

 

お酒を強要してこなかったり、本当にテレビを観て終電を気にしてくれて帰宅させてくれるような感じならあなたのことをいいお友達と考えているかもしれません。
脈無しの友達関係で居たいということです。

 

まとめ

 

結論としては、デートしてまだ間がないのに家にすぐに誘う男性は遊び人か完全な天然のどちらかしかいないません。
女性はあせって男性の懐に飛び込まず、もう少し様子を見た方がいいですよ。

 

男性が手を出そうとしてきたら、遊び人確定だと思っていいと思います。
全く手を出さずに、という感じであれば、もしかしたらあなたで無くても誰でも良くて、意識もされていない可能性が高いです。
異性の対象として見られていないということになります。

 

 

ということで、基本的に男性に知り合ってすぐに家に誘って男性には、必ず一度バリアを張ってみましょう。
そして相手の様子を伺うことをお勧めします♪

スポンサーリンク