中学生の彼氏の作り方について、告白とかどうすればいいの?

スポンサーリンク

中学生になると異性を意識するようになります。
好きという感情は小学生のころからあっても、好きだからもっと知りたい、二人きりでいたい!と強く思うようになるのはやはり中学生のころからではないでしょうか。
どちらかというと女の子のほうが恋愛に対して意識するのが早いのです。
なので彼氏を作りたい、好きなあの人に告白したい!と思っても男の子のほうがまだまだそんな気になれないということもよくありますね。
男の子を好きになる、恋愛をするということは人間的に成長できます。
相手のことを考えたり、気遣ったりと思いやりの心も芽生えてきます。
相手が喜ぶことについて考えたりとぐんと心が成長するんですね。
なので好きな人ができたらそれを恥ずかしがって隠したり悪いことだと思う必要はありません。

スポンサーリンク

中学生のころは誰かが誰かを好きだとわかると周りが騒いでしまって相手が恥ずかしがって自分を避けるようになるということがあります。
自分のことを嫌ったのではないかと悲しくなりますが、恥ずかしさのほうが先にたってしまって相手の気持ちを考えられなくなるのです。
お友達に恋の相談をして助けてもらうこともあるでしょうが、好きという気持ちは相手だけに伝えたほうがいいでしょう。
友達にからかわれたりすると好きなのに避けてしまったりすることがあるからです。
好きな人ができたら告白したくなりますよね。
ただ好きだということを伝えただけで相手がどう反応していいのかわからないという状況も中学生のころはよくあることです。
好きだからなんなのか、どうしたいのかというところまできちんといったほうが相手もどうすればいいのか答えやすいですよ。
また自分の気持ちばかり先行して相手が自分のことを知らないのに告白しちゃうとうまくいきません。
もし同じクラスじゃない、話したことがない。。という相手を好きになってしまった時はまずは自分のことを知ってもらう、お話や挨拶できる間柄になるというのが大切です。

スポンサーリンク